フード&シティーツアーズのはじまり

フード&シティーツアーズは、フランス政府公認通訳ガイドのヴィルジニー・オルムによって2015年に創設されました。歴史と土地に情熱を傾ける彼女は、すぐにパトリシア・スズィショヴィアクと意気投合。ヴィルジニー同様、プロのガイドのパトリシアは世界70カ国以上を駆け巡ったツーリズムのベテラン!

«フード&シティーツアーズのプロジェクトが熟すのに5年の歳月がかかりました。その間、旅行者の方々に食文化に関するツーリズムをとの要望をずっと受け続けてきました。»

確かに、ストラスブール、アルザス地方はヨーロッパの美食をコンセプトにした旅の目的地として最適なところです。ヴィンスチューブやお菓子屋さん、ワイン街道のカーヴはいつも賑わっています。

フード&シティーツアーズは、歴史、建築、美食を結ぶ、ヨーロッパの交差点の街、ストラスブールの旅をご提案しています。

みなさま、よい旅を!

専属日本語ガイドの紹介

junko_photo加藤淳子

フランス政府公認通訳ガイド
ル・コルドン・ブルーにて菓子ディプロム取得
旅行で訪れたアルザス地方にすっかり魅了され、渡仏を決意。 居ればいるほどその魅力にどっぷりつかって、遂にはストラスブール大学にてフランス政府公認通訳ガイドの国家資格を取得。多様な歴史と文化を育む美しいアルザス地方を出来るだけ多くの方にご紹介したいと思っています。
その昔、アルゲントラトゥムと言う名だったストラスブールは、ヨーロッパの商業・文化の要所でした。この街を旅するという事は、ヨーロッパ全体の歴史にも触れるという事なのです。そして、アルザスは食文化が豊かな所でもあります。ストラスブールでそこに生きる地元の人々とのふれあいと試食を通して、アルザスの魅力をひも解いてみませんか?
さあ、フード&シティーツアーズでひと味違った«美味しい旅»に出かけましょう!